仮想通貨

仮想通貨のマイニングとは?ビットコイン採掘で収益は出る? 

2021-11-24

仮想通貨のマイニングとは?ビットコイン採掘で収益は出る? 

2021-11-24

仮想通貨が世界中で取引されるようになり、特に代表的な仮想通貨であるビットコイン(bitcoin)への注目は高まり続けています。

あわせて注目を集めているのが「マイニング」というキーワードです。

仮想通貨の取引経験がある人ならば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

マイニングは仮想通貨との関係が深く、マイニングによって報酬を得られる場合があります。

「マイニングって何?」「ビットコインのマイニングってどうやるの?」「マイニングで稼ぐにはどうすればいいの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

マイニングはビットコインに欠かせないものであり、マイニングによって利益を得ている人も少なくありません。

今回は、仮想通貨のマイニングとはいったい何なのか、ビットコインのマイニングによって収益を得るにはどうすればいいのか解説します。

仮想通貨関連記事⇒ これからの時代、仮想通貨に将来性はある?メリット・デメリットは?

仮想通貨のマイニングとは?

マイニングとは、仮想通貨の取引データをブロックチェーンに追記する作業のことです。

マイニングを行う人は「マイナー」と呼ばれ、マイナーはマイニングの報酬として仮想通貨を受け取ることができます。

マイニングは日本語で「採掘」という意味で、金や銀を掘り起こすイメージになぞられています。

仮想通貨マイニングのイメージ

仮想通貨の注目が高まり価格が高騰するなか、マイニングに参入する個人や企業は増えており、マイニング競争も激しくなっています。

日本でも金融大手のSBIグループなどがマイニング事業に参画しています。

ビットコインのマイニングの仕組み

代表的な仮想通貨であるビットコインにとって、マイニングは欠かせないものです。

ビットコインは「ブロックチェーン」という技術を活用しています。

ブロックチェーンは「分散型取引台帳」とも呼ばれる、コンピューターネットワーク上のデータを管理する技術で、取引の情報が詰まった「ブロック」が「チェーン(くさり)」のように連なり情報が更新されていきます。

ブロックチェーンの仕組み

マイニングとは、このブロックチェーンの取引記録を正しいものとして確認・承認し、チェーンに新たなブロックをつないでいく作業のことなのです。

新たなブロックを生成するには、難解な数学問題を解く必要があります。いち早く問題を解いたマイナーのみが実際の承認作業を行い、報酬として仮想通貨を得られるのです。

ブロック1つの承認に対し、報酬を得られるのは1人のマイナーのみであるため、「誰よりも早く問題を解く」ということが重要になります。マイニングに成功した際の報酬(収益)は、2021年10月現在、6.25BTCとなっています。

このように多くのマイナーが報酬を目的としてマイニングに参加することで、取引の承認作業が行われ、ビットコインのシステムが回っているというわけです。

マイニングの種類

マイニングには、「ソロマイニング」、「クラウドマイニング」、「プールマイニング」という3種類の方法があります。

ここではそれぞれのマイニングについて、ご説明します。

▷ ソロマイニング

ソロマイニングは、個人が一人でマイニング作業を行うことです。

複数人で協力してマイニングを行う場合は、報酬を配分することになりますが、ソロマイニングでは一人で作業を行うため、すべての報酬を受け取ることができます。

成功すれば高い報酬が得られる一方で、成功できなければ報酬が得られず、機材などマイニングに必要な費用も自己負担しなくてはなりません。

さらにマイニングを行うためのコンピュータ関連の知識や、スキルも必要になります。

▷ クラウドマイニング

クラウドマイニングは、マイニング企業にお金を払ってマイニングを代行してもらうことです。

マイニング企業にお金を出資して報酬を受け取ったり、マイニング企業からマイニングマシンをレンタルしてマイニングに参加して報酬を得るなどの方法があります。

マイニングに必要な機材を用意する必要がないため、初期費用を抑えることができるほか、マイニングに関する専門的な知識も必須ではありません。

一方で手数料が割高だったり、1年契約の場合が多く途中でやめることが難しかったりといった側面もあります。

さらにマイニング企業の倒産や詐欺のリスクもあるため、マイニング企業は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

クラウドマイニング

▷ プールマイニング

プールマイニングは、協力関係にある複数のマイナーとともに組織的にマイニングを行うものです。

参加するコンピュータのマシンパワー(マイニングの計算力)を一か所に集めてマイニングが行われ、報酬は自分の提供したマシンパワーの大きさに応じて受け取ることができます。

複数のマイナーが協力することで、作業効率が向上しマイニングに成功しやすくなるため、ソロマイニングよりも安定的に報酬を得られやすい傾向があります。

一方でソロマイニングほど大きな報酬を得ることは難しく、また機材の購入などにも一定の費用が必要となります。

プールマイニング

ビットコインが登場して間もないころには、マイナーの数も少なく、自宅のパソコンで個人がマイニングを行うソロマイニングも多く見受けられました。

その後ビットコインの人気が上昇し、マイニング専用機材などが普及し始めると、より多くのマイナーが参加するようになり、ソロマイニングでは個人のスマホやPCでは太刀打ちできなくなりました。

プールマイニングなら、配当は少なくなりますが、高額なマシンを持っていなくてもマイニングに参加できます。

ビットコインのマイニングを個人でやるには?

ビットコインのマイニングは、個人で行うこともできます。報酬を目的として、個人でビットコインのマイニングをする人は少なくありません。

なかにはマイニング技術に興味があったり、仮想通貨ネットワークに貢献したいという理由でマイニングをしている人もいます。

近年はプールマイニングに参加する人が多くなっていますが、高い報酬を求めてソロマイニングに挑戦する人もいます。

■ 個人でのマイニングに必要なもの

個人でビットコインのマイニングを行うために必要なものは、以下のものが挙げられます。

  • ASIC搭載マイニング用マシン、またはグラボ(GPU)
  • パソコン
  • マイニング用ソフトウェア
  • 仮想通貨ウォレット(取引所の口座のアドレスで代用可能)
ビットメイン社のマイニングマシン アントマイナー

※出所:ビットメイン社のマイニングマシン Antminer S19j Pro 100TH/s

マイニングにより報酬を受け取るためには、他のマイナーとの競争に勝つ必要があります。そのためには、計算能力の高いハイスペックなパソコンやマシンが必要となります。

マイニング専用のコンピュータとして設計された機器には、ASICが搭載されています。ASIC(エーシック)とは、「Application Specific Integrated Circuit」の略で、特定の用途に特化した特殊なICチップのことです。

ただしASIC搭載マイニング専用マシンは、1台30万~100万円程度と高額になります。そこで専用マシンを用意せず、GPUでマイニングする方法もあります。

GPU(Graphics Processing Unit)は、計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)のことで、グラボ(グラフィックボード)と呼ばれることもあります。GPUは通常、複雑なグラフィック作業に用いられます。

しかしその計算能力の高さから、マイニングにも向いているとしてよく使われており、イーサリアムはGPUによるマイニングが活発です。

さらにマイニングを行うためには、マイニング用ソフトも必要になります。プールマイニングを行う際は、マイニング企業が無料で提供している場合が多いです。そしてマイニングの報酬としてビットコインを受け取るための、仮想通貨ウォレットも用意しておきましょう。

仮想通貨の普及に伴い、マイニングを専業とする企業や団体も続々と増えています。

個人が競争に参加して専門業者に太刀打ちするためには、いかにハイスペックな機材をそろえられるかがカギとなるでしょう。

■ 個人でのマイニングの収益

マイニングをするうえで気になるのが「マイニングは本当に儲かるのか」「どのくらいの利益が期待できるのか」ということではないでしょうか。

まず、マイニングはたくさんの電力を消費するため、相当の電気代がかかります。専門業者によっては、マイニングを中国の奥地など電気代の安い国や地域で行ったり、コンピューターを冷やすために北欧などの寒冷地で行う場合もあります。

そこで基本的なマイニングの収益の考え方は、以下のようになります。

マイニングの収益=(マイニングで得た報酬)ー(マイニングで使った電気代)

さらに全体的な収益を考える際には、マイニング用マシンやGPUなどの機材の費用も差し引く必要があります。

マイニングによる収益には、ビットコインの価格のほか、マイニングの採掘速度(ハッシュレート)や、マイニング計算の難易度(ディフィカルティ)などが関係してきます。

これらは常に変動するため、マイニング収益も変動的となります。電気代の高い日本では赤字になってしまう可能性も十分あるので、マイニングをやる際は事前によく計画を立てる必要があります。

またマイニングで得た仮想通貨には税金がかかり、仮想通貨取引と同様に雑所得として分類されるので覚えておきましょう。

マイニングによって仮想通貨を受け取った時と、マイニングした仮想通貨を売却した時それぞれに税金がかかります。なおマイニングマシンの購入費用や電気代など、マイニングに要した費用は、必要経費として差し引くことができます。

仮想通貨のマイニング【まとめ】

ビットコインの仮想通貨マイニングの仕組みと、マイニングの種類や収益を出す方法について解説しました。

ビットコインの普及に伴って、マイニングに必要なマイニングマシンなどの性能は向上しており、マイニングに参加する個人も増えています。

一人でマイニングをするソロマイニングだけでなく、プールマイニングやクラウドマイニングなど、より手軽にマイニングにチャレンジできる環境も整ってきています。

マイニング企業など専門業者も続々と参入するなか、マイニングで収益を出すためには機材への投資などの工夫が必要となります。

ビットコインのマイニングに興味がある方は、初期投資や価格変動リスクを考慮し、チャレンジしてみるのもよいでしょう。

【仮想通貨関連おすすめ記事】

カジノミー対応の仮想通貨

現在カジノミーでは、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインの4種類の入金に対応しています。

今なら以下から登録、初回入金をするとボーナスが貰えます!仮想通貨をお持ちの人は、この機会にぜひカジノミーでの使用を検討してみてくださいね!

ウェルカムボーナスバナー

カジノミーの新規特典

カジノミーの新規特典として、初回~4回目の入金をされた方に、最大で777ドルのプレイ資金と人気ゲームの7日間無料プレイをご用意しています。今すぐ登録してこのボーナスをもらいましょう!

  • 最大$777のプレイ資金(ボーナスマネー)
  • 日替わり人気ゲームの7日間無料プレイ(合計77無料スピン)
  • 初回プレイから賭け金の一部が還元!

ウェルカムオファー利用規約